スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白大島の羽織

団塊の世代以上のお父さんがいる家なら高確率でタンスに肥やしになっている大島紬。糸の染め方で泥だの藍だの泥藍だの色だのに分類されるみたいですが、これは白大島。奄美大島産のは化学染料、本土産のは薩摩焼に使う白泥で染めるらしいが、そこら辺の蘊蓄は私の何百倍の価値の着物を召されてるよそ様のセレブなサイトでも当たってつかあさい(笑)



リサイクル屋で840円で吊るされてて黄ばんだシミも多いんだけど、亀甲が細かいし手触りがいいしで、洗い張りすればバケるかなと期待して購入。


白大島紬羽織……840円(リサイクルショップ)
濃紺無地紬袷長着……5000円(リサイクルショップ)
正絹紺博多献上角帯……0円(自宅で発掘ww)
無双羽織紐……4000円(呉服かんだ)

写真だと問題なさそうだけど袖口に結構目立つシミが……早く洗い張り出そうっと。ここいらだとそめの近江って店が安いみたいなんで、どんなもんか一遍世話になってみます。


羽裏は孔雀の水墨画。よくある龍とか虎はヤンキーっぽくて私はあんま好きじゃなかったりする。
白大島の羽織って合わせるの難しそうだと思ったけど、半衿にブルーグレイを持ってくると上手い具合に中和されて、長着の色をそこまで選ばなくても良さげな気がしてきた。
スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中ぴ連会長

Author:中ぴ連会長
阿澄佳奈さんと井上麻里奈さんが好きです、でも高垣彩陽さんはも~っと好きです。
リンク先の商業サイトは自分の馴染みの店中心に厳選。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。