スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紺の博多献上って最強ぢゃね

着物を着始めた頃、紺は着るまいと思ってた。
リサイクルショップにやる気なく吊されてるウールのアンサンブルはそろいもそろって紺、紺、紺。紺一色ばかり。何の面白味もない月並みな色だと思ってたので、初めて誂えた出羽木綿の長着は蓬色。一緒に買った袖なし羽織も緑色だった。
転機が訪れたのは初めて行った川越骨董市で紺絣(その時は何でもいいから綿着物がほしかったのだ)を買った後、呉服のかんだに寄った時だった。そこの大ベテランの番頭さんに「今買った紺絣に合う綿の角帯ありますか?」と聞いたところ、番頭さんは迷うことなく紺の角帯を出してきた。ついでに履物が欲しいと言ったら紺のエナメルの雪駄を出してきた。番頭さんは言った、「最初の一つは紺を選べ」
紺ばっかりか……と思いつつも購入し、家で紺絣着て紺の角帯を締めてみた。
番頭さんの見立ては恐ろしいほどバッチリだった。プロって本当に凄いなと感じた一瞬だった。
打って変わって私は紺が大好きになった。日本人を一番美しく引き立たせる色、それは紺をおいて他にない。今では紺系のばかりが増えて、もう少し別の色も買おうと思うくらいだけど(笑)


世田谷ボロ市で2000円で買った博多献上。一般的な博多献上よりやや幅広で、手触りがしんなりしてる。この帯を受け入れない着物ってないんじゃないか。どんなものにもピタリと合ってしまう。ビギナーは絶対に紺の献上を一本買っておくべき。後々その有り難さに気付くはず。
ちなみに帯の上下はこれが正しい位置。どっこ模様が上、花皿模様が下になる。よけいなお世話かもだけど、これを逆に締めてる人がいるのが気になって仕方ない。プレタ浴衣の宣伝写真ならともかく、着物雑誌でも時たま逆になってんだよなあ。お直しおばさんになるんで、町で見かけても口は絶対に出しませんが。


裏は文字通りの一本「どっこ」になっている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中ぴ連会長

Author:中ぴ連会長
阿澄佳奈さんと井上麻里奈さんが好きです、でも高垣彩陽さんはも~っと好きです。
リンク先の商業サイトは自分の馴染みの店中心に厳選。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。