スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿入れの野良着?



今年の二月くらいに町田骨董市で1000円で買ったもじり袖の野良着(?) 表地が古い紬でとても味があり、それに惚れて購入したが結局出番のないままシーズンオフに。今日、虫干しもかねて手洗いしてみた。裏地の木綿はかなり弱っていて、生乾きの時に目立たない箇所を縦方向に裂いてみるとビリッと紙のように破けてしまった。
手持ちの古い着物が弱っているかどうか確かめるには襟先をほどいて軽くぬらし、縦方向に引っ張るといいらしい。ビリッと簡単に破けるようなら、イコール洗い張りに耐えられない――布としての寿命が尽きたということ。表地は全然大丈夫だったので、そのうちバラして紬の角帯でも仕立ててもらおうかと検討中。

しかしそういう糸の性(しょう)の弱った古手の木綿も、明治に入っても綿が普及していなかった東北地方の農民たちにとっては宝石のような貴重品だった。布団代わりの夜着や作業着に何重にも木綿の切れをあてて数代に渡って使うのは当然のことだったという。余った切れは細かく裂いて横糸にし、太い麻(ラミーではなくヘンプの方。戦後、大麻取締法が施行されるまでは農家では自家用に大麻を栽培していた)を縦糸にして裂織という布を織った。
着物がらみで江戸時代は庶民は絹の着用が禁じられたという話はよく知られているが、東北では庶民の綿の着用すら贅沢だと禁じられた話はあまり知られていないだろう――って私も今日図書館から借りてきた「みちのくの古布の世界」(田中忠三郎 河出書房新社)読んで初めて知った。
考えてみれば、現在の一般的な着物文化ってのは都市生活を営んでいた町人の生活しかベースとして反映されていないんだよね。江戸時代ってほとんどが農民だった訳だから、着物の真の源流を探るにはソフィスティケートされた町人文化だけに注目するのは片手落ちで、土臭く寡黙な農民文化こそもっとクローズアップされる必要があるんじゃないかと最近考えていたりする。



録り貯めていた「べるぜバブ」一気に視聴中。邦枝葵(CV豊崎愛生)ちゃんが可愛過ぎて生きてるのがつらい。というか「スフィアクラブ」今日だよね。何でわざわざTVKのアニメマラソンの時間に嫌らしくかぶせてくるかなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして、seseragiと申します。
最近、普段着として着物を着ようと思い始めたのですが。
管理人さんはどこのリサイクルショップでいつも買っているのですか?

Re: No title

コメントありがとうございます。主な購入先は近所のリサイクルショップ&骨董市&ヤフオクです。こまめに足を運ぶのがコツといえばコツでしょうか。
よろしければ、seseragiさんのお住まいの都道府県・身長・初期投資の予算をお教え願えませんでしょうか? 僭越ながら、普段着物を始めるにあたってのよりきめ細かいアドバイスが出来ますので。

No title

返信ありがとうございます。

所在は東京の町田市。身長は171ぐらいです。 初期投資の予算は1万円ぐらいです。
プロフィール

中ぴ連会長

Author:中ぴ連会長
阿澄佳奈さんと井上麻里奈さんが好きです、でも高垣彩陽さんはも~っと好きです。
リンク先の商業サイトは自分の馴染みの店中心に厳選。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。