スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捩り袖の綿入れ(?)――5/3追記



ふた月前の町田骨董市で、裄が短いんだけど生地が実に味わいがあるので思わず1000円で買ってしまった品。状態も全然いい。店のおばさんは袖の部分の裏地は綿更紗とか言ってた気が。ずっと撫ぜていたいくらいとにかく手触りがいい。今日しまう時に遅まきながら気付いたんだけど、手触りと光沢からして紬かも知れない。
昔の粋な職人は結城を単で仕立てて寝間着にして何遍も洗い張りして生地をいじめ、生地が充分にしなやかになったところで袷にした――という話はよく聞くが、これがその手触りに近いものなのかしらん。こんど馴染みの呉服屋持ち込んで鑑定してもらいます。
次の冬には、ある程度高くついてもいいので袖部分にいい感じの古布を継ぎ足して仕立て直ししたいなと考えている。

追記/昔、これを冷え込む時期の野良着として実用的に使っていた人は、作業時には手のガードとして手甲をしていたはずだからこの裄でちょうどよかったのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中ぴ連会長

Author:中ぴ連会長
阿澄佳奈さんと井上麻里奈さんが好きです、でも高垣彩陽さんはも~っと好きです。
リンク先の商業サイトは自分の馴染みの店中心に厳選。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。