スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作務衣を買ってきた

一枚くらいは持ってた方が重宝すると思って。



リサイクルショップで肌着込みで950円。春秋向きの薄手の生地で、よくある中国製じゃなくて日本製なのがポイント高い。生成りの肌着は、前に町田骨董市で貰ったポリ絽の半襟付けて夏用半襦袢にする予定。筒袖だから洒落着には向かないが。
別のリサイクルショップを冷やかしてたら、三越の金巾が2000円で売ってるのを発見。三つあったのでそのうち買いだめしとこうかな。袷を仕立ててもらう時に裏地代が大分浮くので。
スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

一発画像ネタ

ふたなり(撮影場所、メロンブックス秋葉原店)





IS最終話までようやく観終わる。予測通り物語の伏線などは未回収ですっきりしない終わり方で、私の脳裏にまっさきに浮かんだのは「これってFAと大差ないラストだよな」。さりとて、Blu-ray&DVDの売れ行きは桁一つ違うわけで。
要はISの場合は物語の中盤でシャルルというビッグバン級のキャラクターが現れ、ラウラというブースターを得て一気に大人気になってしまい、話のクソつまらなさは誰も気にも留めないってことなのだろう。例えて言えば、すっごいヌケる女優物のAV観る時にどうでもいいドラマ部分は早回しするみたいな。
シャルルの存在がなければ「何だよこのラスト投げっぱなしのクソアニメは」ってボコボコにされていたんだろな、きっと。ダブルスタンダードも甚だしいと思うのは私だけでしょうか、私だけだろうな。



あ、私はラウラ・ボーデヴィッヒ派なんで。

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

衣更え

本来ならご案内の通り六月が袷から単衣に切り替わるけど、地球温暖化のこのご時世にそんなことしてたら暑さで死ねるので(しかも今年は節電だからなおさら!)家の片づけの合間にもう着ない袷を葛籠……の代わりの衣装ケースにしまう。いつかは欲しいです、葛籠。マイワードローブたちよ、また秋になったらよろしく。




しまう絣の袷。川越骨董市で7000円にて。売ってたおばさんの話だと新潟の蔵から出てきたそうな。厚めの生地で冬場に重宝しました。古着の常で裄が短いのが難。昔の反物は幅が短いからなあ。逆に丈が目一杯出てるので、そのうち洗い張りに出して丈の余った分を裄に足してもらい、胴裏も正花じゃなくてもっとしゃれた色に変えてもらおうかなあ。……普通に新規で誂えた方が安い気がするが、着物着たての時分に惚れ込んで買ったので、とても愛着があったりなんかしちゃったりして(意味なく広川太一郎口調)



これも着物着たての頃に八王子のリサイクルショップで2000円で買ったモスリンの袷の長襦袢。この頃は襦袢の関東仕立てと関西仕立ての違いもわからなかったなあ(一般常識かと思ったら着物扱ってる人でも割と知らない人がいたりする) これのお陰で寒い冬もへっちゃらでした。しかも家で普通に洗えるのがいい。表と裏の生地の収縮率の違いで若干袋が入っちゃってるが、下着なんで気にせず着てます。普段着(しかも下着)をドライクリーニング出すなんてコストパフォーマンス悪過ぎなので。

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

今着てる長襦袢



最高級ポリエステルのシルックで、浅草の男着物専門店「ちどりや」で買った既製品18000円(しかも珍しい関西仕立て)。普通のポリ製品だと10000円のがあったが、手触りが段違いなので迷わずこっちを。家で洗えるんで重宝してます。オススメの逸品。
ただ、フリーサイズなんで小太りの人じゃないと身幅がかなり余るのが難。これを着る時は、前をいい具合に合わせたら後ろにだぶついてる余りを背中で上手く始末して着ている。でないと袖がだらーんと垂れ下がってきて、長着から襦袢がハミ出てきてしまうので。そのうちサイズ直したいなあ。

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

上野に花見

東京に仕事に来てる友人Y氏が上野に花見に行きたいというので一緒に行くが……当然、あらかた散って葉桜になっていたので早々にアキバまで徒歩で移動してオタショップをぶらついた後、新宿でカラオケ。





出羽木綿袷……35000円(あめんぼう)
大島紬羽織……2000円(町田骨董市)
博多献上正絹角帯……2000円(世田谷ボロ市)
無双羽織紐……4000円(川越神田呉服店)
シルック長襦袢……18000円(浅草ちどりや)
紺エナメル雪駄……4500円(川越神田呉服店)
福助色足袋……3000円(浅草)

今日は勝負服――って、野郎相手に勝負服もクソもないか。大島は超掘り出し物。羽裏もちゃんとしたのが付いてるので、新品で誂えたら六桁はいくだろう。

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

今日の服装

そろそろ夏に向けて薄物の支度をせにゃならんなあ……毎日着るには肌着をどーんと揃えなきゃだけど、今シーズンはどれだけ揃えられるか。
長着だけは先日行った町田骨董市で麻専門でやってるおじさんから能登上布を13000円で買って(手持ちがなかったので3000円だけ内金で入れて、6月受け取り予定)、もう一着川越骨董市で3000円で買った上布がある。でもそれは丈直しが必要だから、もう5000円はくらい出費みとかなきゃね。



絣の袷……1000円(富岡八幡宮骨董市)
綿角帯……500円(富岡八幡宮骨董市)
この絣は襟元が多少ヤケている以外は結構綺麗な掘り出し物で、非常にお気に入りの一着。デニムっぽい感じでとても着心地がよく、袖が船底袖、裏地がよくある正花じゃなくて茶色ってのもポイント高かったりする。十年二十年と付き合っていきたい一着だ。

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

「ちゅーぶら!!」マラソン完了

「いろは」と並ぶドラマっぽい雰囲気の「この花」視聴。向こうが昼ドラならこっちは青春ドラマか。土曜9時に日テレでやりそうな感じの。
そして何より、あなるちゃんの名前の謎が解けてよかったです。ああ、な~る、そういうことか……というか脚本の岡田麿里さんが以前手がけたアニメ「tt」の一話の脚本、最初は眞一郎が比呂美の写真をおかずにハッスルする下りを書いていたというエピソードを思い出した。無論、「男は本当に好きな女の子をおかずにしない!」という監督やPの猛反対でボツになりましたが(ソース:BDBOOXブックレット)
マリーって実は女のおじさんなのか、東スポのエロ紙面に毎日目を通してそうな感じの。

「ちゅーぶら!!」を全話観る。久々にアニメを観て不毛な気持ちになった。こんな気持ちになったのは「FA」以来である。以下、某所に投下したレビューの転載。




一将功成りて万骨枯る。「けいおん!!」という勝者の足元に累々と折り重なる死体の一番下の方。アニオタの方々がAT-Xに払った血税の一端がこんな作品に浪費されてんだなと思うと、なかなか味わい深いものがあります。以上。

――と締めるのもあまりなので、内容の考察。設定が完全に出オチ、そして欠陥住宅。下着の蘊蓄を得々と語られても、女性と女装趣味の方以外が99.9%を占めるであろう我々視聴者は「あるある」などと共感する訳もなく、蘊蓄がギャグのネタとして昇華されてる訳でもないので、大半の視聴者がここで振るい落とされる。
そして、下着マニアの女子中学生が仲間を集めて下着部を設立するという、どう考えてもエロバカコメディにしかならない設定をハートフルコメディにしてしまうというアクロバティック。
学園物のお約束キャラであるところの堅物オバサン教師が、下着部の設立に強硬に反対するという安っぽい衝突があるが……視聴者の目にはどう考えてもオバサンの言い分の方が真っ当に見えてしまい、主人公サイドに感情移入出来ないのが困りもの。そりゃ止めるわな、人として。
そんな「わかってくれない大人(尾崎豊風)」の象徴として描かれたオバサン教師も11話Bパートで遂にデレますが、そこに至るまでの展開がナパームデス並みに唐突かつ御都合主義だったので、思わず爆笑。次の12話のOP明け、いきなり燃える水野先生(下着部顧問)のアパートと合わせて、私の腹筋にコンボ技。
作画的には……6話で今をときめく山本寛さんがコンテ切ってるんでウォッチャーなら見とくが吉。何の面白みもないけど。ミルキィホームズでお馴染み森脇真琴さんがコンテ・演出の10話の方が十倍は面白い、というか脈絡なくウテナのパロやったりして森脇さん芸風全然ブレないな。

結論、こんな見え透いた餌に釣られるのは「ギャルのパンティお~くれ」でお馴染みウーロンだけです。ただ、日笠陽子さん演じる天原清乃は可愛かった。単に私がタカビーなツンデレキャラが好きなだけですが。全部見終わって天原さんの画像でブヒるべえと思ってpixivで検索したら、「ちゅーぶら!!」で11件しかヒットしませんでした。天原さんに至ってはたった4件……これ、本当に去年のアニメ?
あまりに不憫です、誰か迷わず成仏させてあげて下さい。そして、誰か天原さんの画像をpixivにうp!

それでも町は廻っている(今更)全話視聴

友人のO氏(能登麻美子信者)からアニメの録画データを大量に詰め込んだHD届いたので、PS3に全部ぶち込む。データの中に頼んでもない「キミキス」があったのはどういうことだろうか……私自身は放映当時は観てないけど、ネットの端々で原作信者の方々の阿鼻叫喚が上がっていたのは鮮明に記憶している。いくら能登さんがヒロインの一人として出てるからって、私にも約十二時間(2クール)をドブに捨てろと? イスラム教徒でもないのにメッカまで巡礼に行かされる気分である(いや、好きな声優の一人ではあるんですが)

で、氏には能登さん初主演作品である「成恵の世界」を真っ先に観ろと厳命されていたのだが、中学生同士のカップルという役どころの能登さん&阪口大助きゅんのあまりのきゃっきゃうふふっぷりに当てられて、二話目で一旦視聴終了。……どうも、自分の暗黒時代の最たるものである中学生の頃とダブってきてしまう。
声オタ的な視点でみると、当時の能登さんの初々しさ(もぎたてフレッシュ、と一応フォローしておく)に当たり前のことながら驚いた。1話なんか演技が物凄く硬いので、初主演というプレッシャーから相当現場でガッチガチだったんだろうなと推察する(三話目辺りからだいぶ演技がこなれてきた感あり) 新人なら誰もが通る道でしょうが。あと、阪口きゅんの姉役でキュアパッションが出てたのにびっくり。

「成恵」を媒介としての暗黒時代のフラッシュバックに動揺した精神を安定させるべく、今更だが「それでも町は廻っている」を全話視聴。本放送時は裏で「伝説の勇者の伝説」がやっていたために録画を断念した作品だ。当時はあやひー(スフィアのいぶし銀担当・高垣彩陽さん)信者の義務として「伝勇伝」を最優先にしていたのだが……「それ町」見終わって思いました、当時の自分は完全に選択を誤ったのだな、と。
基本シットコムなんですが、ちょいちょい変化球を入れてくるのが実にいい。原作のマンガも何ヶ月か前に献血した時に待合室で読んでクソ面白かったもんなあ。でも、原作ファンの評判はあまりよくなくて、売り上げ的にもヒジョーにキビシーッ!(CV財津和夫)なんだよね、よう判らん。あ、無意味に「えん魔くん」リスペクトしてみました。
とにかく、私の画像フォルダには「それ町」が新設され、中身は紺先輩の画像で埋め尽くされましたとさ。めでたしめでたし。

早漏気味

単の季節は六月からというお約束だが、自宅で着る分にはよかんべと引っ張りだしてみた。背中にシミがあるのが難だが、生地が軽やかで実に着心地がいい。仕立てもちゃんとした手縫いなので、新品で誂えたら最低で二万くらいはすると思われ。これだからリサイクルショップ周りは止められませぬ。襦袢抜きで浴衣としても着れる柄なので、これから秋口まで長いことお世話になりそうな予感。


木綿単白絣……500円(リサイクルショップ)
木綿角帯……500円(富岡八幡宮骨董市)

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

新アニメ「DOG DAYS」のミルヒオーレ・フロニャルド・ビスコッティの元ネタを作ってみた

あのアニメ観てると無性に甘いもの食いたくなるよね――ということで、実際にフロニャルドという菓子を作ってみた。
フロニャルドはフランスの地方・伝統菓子で、フレッシュな果物にフラン生地(卵・牛乳・小麦粉で作るういろうみたいな食感のプリンっぽい生地)を流し込んでオーブンで焼くだけ。誰でも作れる、フランスのおかんのおやつといったところか。



今回はリンゴだけを入れたが、あり合わせの季節の果物を適当に入れればいいだろう。ただし、さくらんぼを入れた時だけはなぜか「フロニャルド」ではなく「クラフティ」と呼ぶことになっている。
あまりに旨いんで、焼いてすぐ全部平らげてしまったww

テーマ : DOG DAYS
ジャンル : アニメ・コミック

三寒四温

の言葉通り、日によって暖かかったり寒かったりとインナーに頭を悩ます日々。今日はこの格好でチャリを駆って、隣町のリサイクルショップに不要品を売りに行く。



袖なし半纏……4000円(あめんぼう)
出羽木綿袷……36000円(あめんぼう)
綿角帯……500円(富岡八幡宮骨董市)

綿角帯はおばちゃんふたりがやってる馴染みのお店で。綿の割にはしっかりした織りで緩みにくく、とてもいい買い物だった。インナーはあめんぼうさんで5000円で買った晒の半襦袢だけど、今日は寒いからモスリンの袷の長襦袢でもよかったかな……

テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

中ぴ連会長

Author:中ぴ連会長
阿澄佳奈さんと井上麻里奈さんが好きです、でも高垣彩陽さんはも~っと好きです。
リンク先の商業サイトは自分の馴染みの店中心に厳選。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。